「総合査定センター」の設立を考えてはどうか?-自動車保険の評判・口コミも掲載

会社概要お問い合わせ

TOPページ > 保険業界の内情と不払いに関する提言>「総合査定センター」の設立を考えてはどうか?

保険業界の内情と不払いに関する提言

「総合査定センター」の設立を考えてはどうか?

保険業界全体で消費者(顧客)の信頼回復のため『総合査定センター』の設立を提言致します。業界全体で資金を出 し合い非営利法人の形態で『総合査定センター』を設立 します。消費者(顧客)の信頼回復だけでなく業界にと ってもメリットのある制度です。

今回の保険金不払問題 (生損保)の中で各保険会社の保険金支払部門の年間予算(支払額予想)問題が取り上げられました。つまり予算内に保険金支払額を抑える事が人事評価につながるという間違った認識から厳しい査定を行い支払を渋った、また不払にした一部の会社がありました。

一部の会社の問題 だったにも係わらず残念ながら消費者(顧客)には全ての保険会社の問題のように誤解され信頼が揺らぎました。各保険会社に年間予算があることは事実です。保険金支払部門は高度な守秘義務が求められる部門です。それが逆に消費者(顧客)には不透明感を与えてしまいます 。

そんな誤解を受けないためにも第三者(別会社)機関 での公平な査定を行うべきです。実は傷害保険などは同じ支払要件の保険に2社加入していても2社が同じ支払額にならない場合があります。そんな不透明間もなくなります。例えば総合査定センターへ1通の診断書を提出すれば各保険会社の医療保険・傷害保険等各種保険が一 括で請求できる大きなメリットです。保険会社にとっても大幅なコストダウンになります。なにより消費者(顧客)の信頼回復という大きなメリットになります。

TOPページへ

次のページ>> 無料保険相談のからくり