自動車事故事前対策マニュアル-自動車保険の評判・口コミも掲載

会社概要お問い合わせ

TOPページ > 自動車事故事前対策マニュアル

注目情報

自動車保険体験談を件掲載しています。→自動車保険が3万円安くなった方法


自動車事故事前対策マニュアル

事故を起こしてしまった場合

もしも交通事故を起こしてしまった時に、どのような対応をとればいいのかという事を事前に把握しておけば、事故直後の気の動転を最小限に抑えることができます。また、保険金請求という観点でも正確な事故状況の把握はプラスにはたらくと考えて間違いありません。このページでは、自動車事故が起きた後の対処法について、イラスト付で解説しますので参考にしてください。

 

負傷者の救助・確認@負傷者の救助・確認

まずは負傷者がいないかどうかを確認。負傷者がいる場合は負傷者の救護を優先する。必要に応じて救急車を呼ぶ(119番)。

現場保存のため、できるだけ事故車はそのままの状況にしておく。2次災害を引き起こすと判断した場合、事故車両を安全な場所へ移動。(このとき車を動かす前の写真などが撮れたら撮っておく)


警察に連絡A警察に連絡

事故の大きさの大小に関わらず警察に連絡してください(110番)。警察に事故を報告することは運転者の義務(交通法第72条)なので怠ると罰金刑などに課せられることがあります。

事故相手の住所・氏名・連絡先・車のナンバー、加入している保険会社を聞きメモをとりましょう。


保険会社への連絡B保険会社への連絡

自分が加入している保険会社へ事故に関しての報告をする。保険会社の連絡は傷の大小に関わらず迅速に行ってください。一定期間内でないと保険金がおりないケースもあります。

※保険会社を介さないで、勝手に示談交渉をすることはおすすめできません。


目撃者の確保C目撃者の確保

事故の目撃者を探して、交通事故の詳細を聞きメモをとる。目撃者の氏名・連絡先なども聞いておく。

目撃者の証言は、示談交渉や裁判などで大きな影響力があります。時間がたつと記憶もあいまいになるので、きちんとメモしておくことをおすすめします。

TOPページへ

■各社の自動車保険の一括見積り比較

見積り結果は後日、自動車保険会社から直接メールまたは郵送でご自宅に届きます。 自動車保険会社各社の保険料や補償内容をご自宅でじっくりご検討いただけるので、今の自動車保険を見直ししたい方におすすめのサービスです。
※アドリック損保・チューリッヒ保険・三井ダイレクトはその場ですぐにお見積り結果を表示します。

自動車保険一括見積もり