保険会社について-自動車保険の評判・口コミも掲載

会社概要お問い合わせ

TOPページ > 保険会社について

注目情報

自動車保険体験談を件掲載しています。→自動車保険が3万円安くなった方法


保険会社について

自動車保険選びのポイント

自動車保険をきちんと効率よく使いこなすには、やはり利用する本人がきちんとその内容を理解していなくてはなりません。特約や有料サービスをたくさんつけることによって、その分負担する保険料も重くなるわけですから、イザというときにしっかり補償を受けられるように、定期的な見直しで契約条件を整えておくことがとても大切です。

自動車保険の契約は通常、1年と短いものです。つまり、大変都合のいいことに、自動車保険には1年サイクルで必ず見直しをする機会がやってくるわけですから、そのチャンスをとらえ、契約内容をしっかりチェックしましょう。

TOPページへ

自動車保険どこで加入する?

代理店型やディーラー型での加入契約の場合、損害保険の約4割は、「付加保険料」であり、その多くの部分を代理店手数料が占めています。保険料が自由化されても、国民が保険料を比較して乗り換えるという手間を惜しんでいたのでは意味がないと思います。

一方、自動車保険の自由化後に登場したダイレクト系保険会社は、代理店などが介入しないため保険料が安いケースが多いですが、安さと補償内容だけにとらわれず いろいろな観点から比較してみることが重要ではないでしょうか。代理店の方と実際に会って話を聞き、信頼できる内容だったので、値段は希望よりも高めでも決めるという方法もあります。

どんな事故でも、自分が当事者になったら気が動転し、誰でもパニック状態に陥ってしまいます。また、当事者がケガをしている場合は、本人が警察や消防署に通報するゆとりはまずありません。そんな時には代理店加入型やディラー加入型のほうが直ぐに直接相談に乗り素早い対応をしてくれるので心強い場合もあります。

TOPページへ

外資系保険会社の評判

自動車保険の業界では、国内系損保がシェア96%、外資系保険会社が3.7%というのが現状です。そのうち国内系上位5社でシェア80%以上を占めています。国内系はやっぱりサービス面で勝負!という印象があります。とすると外資系はそれ以外の部分で戦っているというとこです。

外資系の勝負どころは価格です。 もし外資系保険会社が国内系保険会社のようなサービス競争になってくると、結局どこの会社も同じような価格に落ち着くでしょう。外資系は全国の営業所数は4ヶ所程度で、従業員数が40人〜80人という規模ですから、保険料はもっと安くていいんじゃないかと言うのが私の持論です(笑)

外資系保険会社は代理店を廃すことによって、確かに保険料を低く抑えることが可能な体制ですが、しかしその代理店コミッション分を広告宣伝費にかけているのが実情です。雑誌やテレビCM以外にインターネット広告なども含めると、一件あたり少なくとも2万の広告費がかかっています。目安程度ですけど、国内系と外資系であんまりかわらないのが実情です。

TOPページへ

車両保険はつけるべき?

車両保険は、事故などで被害をうけた自分の自動車を守る保険です。事故にあう確率や車の修理費用などを考慮して、車両保険が必要かどうかを検討するとよいです。車種ごとに料率クラスが決まっているので、高級車であればあるほど車両保険金額も高くなります。

大切な車が壊れてしまった場合を車両保険では、契約の車が衝突、墜落、火災、盗難、台風、洪水、高潮など偶然な事故によって損害を被った場合に保険金が支払われます。補償範囲と保険料を考えて契約条件を決めることになりますが、万が一の事故に備えて、補償範囲が限定されていない「一般車両」をおすすめします。

対人保険や対物保険などに加入していないと万が一の時に相手に迷惑をかけるのと違い、車両保険はあくまで自分のための保険です。最悪の場合、自分が我慢すればいいか、と考える人もいらっしゃるでしょう。しかしまた自損事故などを起こしたときに、「入っておけばよかった・・」と非常に悔やまれれるのも事実です。

TOPページへ

JA,全労災の共済ってどうなの?

全労災は消費生活協同組合法(生協法)に基づき、厚生労働省の認可を受けて設立された“保障”の生協です。正式名称は「全国労働者共済生活協同組合連合会」です。全労済など協同組合が行う保障に関わる事業は、「保険」ではなく「共済」と呼ばれています。

協同組合は、生活をより良くしたいと願う人びとが自主的に集まって、営利を目的としない事業を行う組織です。組合員は自ら出資して運営にも参加、その事業を利用することで活動を進めていきます。

日本の農村では、古くから共同体をつくり、お互いに支え合い、助け合って暮らしを営んできました。 JAの共済事業は、こうした相互扶助(助け合い)を事業理念として、自主的・民主的に運営されており人間性の尊重や地域社会づくりへの貢献をめざしています。

保険が自由化されて以来(金融ビッグバン)、 ある会社が、他社にはないすぐれた特約等を開発すれば3ヶ月か半年遅れで、「必ず」他社もそれに追随するのです。それが、ここ数年来の保険の流れです。とりわけ、評判がよくて人気のある特約などは、 100パーセントといっていいほど、ほぼ同内容の補償を他社が追随しています。 損保ジャパンでも、東京海上日動でも、あるいは、アメリカンホーム・ダイレクトでもチューリッヒでも、 重箱の隅を突っつくような違いならともかく、実質的に、JAとほとんど内容に違いなどありません。

TOPページへ

自動車保険会社の格付けとは?

保険会社の「財務力」や「保険金支払能力」を知る上で、一つの指標となるものに「格付け」があります。「格付け」は、企業の債務履行能力を評価したもので、各専門分野の格付け機関が独自に調査して発表しています。

格付けはあくまで格付け会社の意見であり、保険金の支払が保証されるものではありません。 また格付けは現時点における格付けの評価であり、将来的に変化する可能性があります。

格付けは、債務者が債務を履行する信用度について、格付け会社が独自の基準により評価したものです。保険財務力格付けは、諸条件に従い保険金を支払う能力の前提となる保険会社の財務内容について示したものです。また、長期債格付けは企業が社債などの特定の長期債務を履行する能力を示します。

TOPページへ

ソルベンシーマージン比率とは?

ソルベンシーマージン比率とは、リスクに対して、保険料収入や責任準備金以外に、どれくらい余裕資金を持っているかを計る指標である。保険会社は、ソルベンシーマージン比率が高いほど支払い余力があり、潰れにくいということが言えます。 ソルベンシー・マージン比率の算出方法は、以下のような算出方法で計算されます。

ソルベンシーマージン比率=(ソルベンシーマージン総力(支払い能力)÷資産運用・保険金支払いリスクの合計額×0.5)×100。

大災害による保険金支払いの急増や株価の暴落による資産価値の下落といった予測を超える事態に対応できる余力をどの程度保険会社が有しているかを示すこの このソルベンシーマージン比率が200%以上あることが健全であるといわれています。

TOPページへ

■各社の自動車保険の一括見積り比較

見積り結果は後日、自動車保険会社から直接メールまたは郵送でご自宅に届きます。 自動車保険会社各社の保険料や補償内容をご自宅でじっくりご検討いただけるので、今の自動車保険を見直ししたい方におすすめのサービスです。
※アドリック損保・チューリッヒ保険・三井ダイレクトはその場ですぐにお見積り結果を表示します。

自動車保険一括見積もり