保険金不払い事件の概要-自動車保険の評判・口コミも掲載

会社概要お問い合わせ

TOPページ > 保険金不払いにせまる>保険金不払い事件の概要

保険金不払いにせまる

保険金不払い事件の概要

2005年2月に、金融庁によって行われた富士火災海上保険の検査にて、特約部分での不払いが発覚したのを発端に、2007年6月29日現在 - 自動車保険での不当不払いが確認されている損保26社において、合計約49万件、金額にしておよそ350億円もの不払いという調査結果が発表されました。

当初は一部の保険会社に業務改善命令という形で金融庁から警告が出されるという状況でしたが、再三の不払い実態調査によって各保険会社の悪質な不払いが発覚し、続々と業務停止命令をうけるという事態にまで追いやられました。

下記の表では、国内大手損保会社の合計不払い件数と金額換算を掲載しています(2007年3月現在 随時更新していきます)


三井住友海上火災保険 合計は51,486件、金額にして約54億3,300万円
東京海上日動火災保険 合計は84,715件、金額にして約68億5400万円
あいおい損害保険 合計は68,395件、金額にして約26億4,875万円
ニッセイ同和損害保険 合計は21,792件、金額にして約44億8,000万円
日本興亜損害保険 合計は62,514件、金額にして約40億9,000万円 
損保ジャパン 合計は48,495件、金額にして約33億8,300万円

TOPページへ

次のページ>> 保険金不払いはなぜおきたか?